眉毛のカット方法、剃り方カテゴリの記事一覧

眉毛の整え方

018.gif「眉毛の整え方」

眉毛は眉毛一つで顔の印象はかわるほど重要なパーツです。
綺麗な眉毛は清潔感がありますし。
女性でだけでなく、男性も是非整えてみましょう。
では基本的な整え方ですが、方法として剃るのはあまり好ましくないです。
手が滑って失敗なんかしてしますと、生えるまで外に出れないといった痛い状況になってしまいます。
慣れないあいだは痛いですが、私は抜く方が好きです。
痛いのを和らげたい方は、ホットタオルで温めてから抜くと少しは楽になりますよ。
眉毛の長さは口の端と目尻を結んだライン上で眉毛が終わるのが、
バランスが良いとされています。
最近は短めの眉毛が流行っているので、それよりも短いのもオシャレでと思いますよ。
山を作る位置ですが、目頭から2/3の位置がバランスが良いです。
これを基本にいらない部分の眉毛を抜いて整えて下さい。
抜きすぎて、細い眉毛は印象がキツク見えますので小まめに鏡を見ながらバランスよく整えるのがポイントです。
なんかやっぱりどう整えて良いか分からない方は、
眉毛用テンプレートを使ってみるのも良いです。
ドラックストアや、100円ショップにもありますよ。
形をきめて、眉毛に合わせプレートから出ている部分を抜けば完了です。
テンプレートを選ぶときは、自分にその形が良いのか考えますが選ぶ基準は
山が自分の目頭から2/3の位置なのか、長さはどうなのかを基準とすると選びやすかもしれませんので参考にしてみてください。


タグ:眉毛 整え方

眉毛の剃り方

013.gif「眉毛の剃り方」

抜くのは一本一本だし、時間がかかるし、痛いしって方は剃るのが楽でいいでよね。
でも注意しないと手が滑ってこれじゃ外に出れないって事になってしまいます。
私も前に眉毛が片方だけ半分なくなってしまいました。
そのとき生えそろうまで前髪で隠していました。
そんな経験をしない為にも、眉毛を剃るには十分注意は必要です。
まずは剃刀の選び方からですが、絶対に刃がむき出しのものを使わないで下さい。
顔用はほとんどガード付きだと思いますが、念のために。
顔用家にないから、今日の所はT字もダメです。失敗の元です。
安全に美しくなるためにも、カミソリは顔用のものを選ぶことから始めましょうね。
剃るのは簡単で時間も早く済みますが、失敗しないためにも準備は大切です。
やみくもに剃るのではなく、どこをどう剃るか考えましょう。
眉毛ペンシルを用意して、ちょっと濃い目に眉毛を描いてみます。
そして、描いた眉毛から出ている部分がいらない所ですので、剃っていきます。
目の周りはデリケートで、カーブや凹凸が多い部分です。なので注意しながら慎重にして下さい。
肌は大丈夫か気になる方は顔用クリームなどで肌を保護してから剃ることをお勧めします。
綺麗な眉毛は好印象が持てますので、是非参考にして下さい。
タグ:眉毛 剃り方

眉毛のカット方法

008.gif眉毛のカット方法

眉毛を整えるは良いとしてカットってなると、なかなか上手くいきませんね。
正直私はカット苦手です。左は良くて右はうーんといった感じになってしまします。
カットの方法ですが、まずは眉毛を軽く眉毛用コームでとかし整えます。
整えると、眉毛の毛の流れを確認します。
確認したらカットしていくのですが、注意することがあります。
私は先ほど右はうーんって言いましたそれは、毛の流れとカットを入れる方向にあります。
利き腕ってありますよね?両方利き腕の方は問題ないと思いますが、
ほとんどの方は片方だけだと思います。
眉毛の流れに沿ってカットするのが自然な眉毛に仕上がるのですが、片方はそうはいきませんよね。
眉毛の流れに逆からカットすると刃が入りすぎて切りすぎてしまいます。
なので左右同じようにしたら良いは違います。
利き腕側の眉毛は浅めにカットするのが失敗しないポイントです。
注意しても失敗しそうで怖い方は、コームをあてながらカットするのが良いですよ。
コームから出ている部分をカットするので、それ以上切りすぎることはないと思います。
最近は薄めの眉毛が流行ですが、
薄すぎるには怖いので鏡をみながらやり過ぎには注意です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。